丈夫な赤ちゃんを産みたい(不妊症のお話)|漢方相談 杏鈴堂薬局

杏鈴堂薬局

【営業時間】9:30~18:30
【定休日】日曜日,木曜日

【電話】042-729-1018

ホーム
ご相談の流れ
杏鈴堂のご案内
リンク集
杏鈴堂ブログ

丈夫な赤ちゃんを産みたい(不妊症のお話)

不妊症は、漢方的な捉え方をして 大きく4つのタイプに分けられます。

腎は単なる腎臓を指すのではなく、人間の成長、発育、生殖のもととなる臓器です。
漢方の古典(『黄帝内経』)にも「腎がしっかりしていて初めて妊娠することができる。」という意味のことが記載されています。

1.腎陽虚(じんようきょ)タイプ

《症状》元気がなく、四肢が冷えて寒がる 女性の生理周期が延長、経血量が少なく薄い、無月経等 舌質淡、胖大
《治法》温陽補腎
(例えば、鹿茸、地黄、人参、杜仲、当帰、芍薬など)

2.腎陰虚(じんいんきょ)タイプ

《症状》のぼせ、ほてり、ねあせ
生理周期の短縮、経血量が少ない、不正出血など
舌質紅、舌苔少ない
《治法》補益腎精、清虚熱

3.気血不足タイプ

《症状》元気がない、顔色にツヤがない、ふらつき、疲れやすい、爪が割れる、目がかすむ
生理周期の延長、経血が淡く少ない
《治法》益気養血

4.?血(おけつ)タイプ

《症状》下腹部痛、生理痛、頭痛、肩こり、目の下にクマができやすい
生理不順、生理血に血塊がある、舌質紫暗、舌辺に?点
《治法》逐?通経、活血化?
Copyright © 2015 Kyorindo Pharmacy All Rights Reserved.